精神疾患(てんかん、適応障害)+SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちの病んでる男が、雨にもマケズ風にもマケズ、資産3千万円を構築してセミリタイアを目指すブログです。
[1]  [2


前記事とそっくり同じ、この週末での資産残高の概算です。

ここから外貨積立につぎこめる金額の目処を算出します。

・3%シグナル投資法によるドル買い時は段階的に10%まで現金比率低下しても可
・但しどちらの場合も生活防衛資金+αとタンス預金には原則手をつけない

この2点をキチンと満たしていないと、積立したくてもしてはいけません。

まず保有現金概算額と生活防衛資金の差額が生じていないと原資がない事になります、今回は707,270円の保有現金に対して生活防衛資金640,000なので、67,270円の+が生じています

この点はOKです(マイナスなら積立注文完全停止!)

次にこの金額を現段階で、フル投下したとして現金比率がどこまで下がるかをチェックします。

(非現金性の資産は増えも減りもしないと仮定します、あまりにも大きな変動が発生したら適宜見直す必要はあるかもですね)

生活防衛資金÷(総資産ー余剰)×100が予定に過ぎませんが、この位の現金比率になる「だろう」という数値になります。

640,000÷(1,582,829ー67,270)×100≒42%となります

3%シグナル投資法によるドル買い時は段階的に10%まで現金比率低下しても可という事を鑑みると、今月は10%まで現金比率低下しても可なので比率的には余裕があるのですが

但しどちらの場合も生活防衛資金+αとタンス預金には原則手をつけないの方が重要であるので、生活防衛資金を削ってまで段階的に現金比率10%までは外貨積立をしてやる~!!!

という鬼哭モードには入りません。

※尚、今回は67,270円から2月末に売買成立したものの、現金勘定では織り込まれていない売買代金の差額△7,582円を差し引いて、外貨積立の原資は67,270ー7,582=60,138円を積立原資としています。(毎回この辺はチェックして、文章化した方が良さそうですね、いつか運用金額が大きくなったら、笑えない誤差の取引してしまいかねないですし)

表の現金額も直しとこうかなー、ムムム

後、今回から外貨積立の注文を複数発注していた際に、ドル円週足チャートのボリバンを参考にしていたのですが

「ん?なんかこれ、直近の現況反映おかしい(主観的に)し、クラッシュに対する備えが危うい」

という事で、悩んだ末に直近の日足チャートのボリバン(今回は日本時間3月2日未明の日足ですね)を参考に、複数注文を入れる事にしました。

まあ、これでいい具合に外貨積立出来るのではないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
今日は、というか今日も子供達の喚き声とドタバタが凄かった、、、マジで憂鬱、最近電池切れになりやすいので、モノゴトとモノゴトの間にかなり中休みを入れるようにしているのですが

それでも今日は喧騒にヤられて、休憩延長したりしてたもんな。

そんな中今日もジムに行ってきました、体重は61.30Kと去年年明けに変に食事を切り詰めてた頃位の水準まで来ました!

明日はちょっと家事して、ゆっくり過ごしたいです。



えーと、どういう理由だったかあんまり覚えてないのですが(←バカ)去年終盤の四半期末のリバランス的売買をした日に外貨普通預金の毎日積立を止めています。

たしか、、、リバランス的売買時に、「あ、生活防衛資金+αの部分に手をつけてるカンジ!」と思って、次の積立は月が変わって正確な現金額を把握してからでいいかな

と思った、、、ような気がします、住信SBIネット銀行にまだ預金残高ありましたが、確かその日の内に5種類の注文全部止めましたからね。

で、また積立を再開しようと思っているのですが、かなり、現金額と生活防衛資金+αが接近した状態です。

ポートフォリオの残高を簡易提示する際に載せている、!自戒文!では

・現金比率は33%以上を保つ(通常投資実行時)
・3%シグナル投資法による買い付け実行時は、10%まで現金比率低下しても可
・但しどちらの場合も生活防衛資金+αとタンス預金には原則手をつけない

と現金管理の原則を打ち立てています、今回というか、今月の場合は【保有現金及び現金同等物概算額】の金額が663,889円です。

生活防衛資金+αは640,000円なので、663,889ー640,000=23,889円分は積立に充てれそうですよね。

では現金比率低下の面ではどうか?

!自戒文!では、10%までは現金比率低下しても可とはしていますが、現時点で仮に10%の現金比率まで、ドル買いをすると≒15万の現金(タンス預金は除く)しか手元に残りません。

これは生活防衛資金+αの64万を割り込んでしまうので、資金管理の原則に反してしまいます。

では先に上げた生活防衛資金+αとの差額分をドル買いに充てた場合は現金比率はどうなるか?

総資産額はドル買いに充てる分まで目減りすると仮定します

本当はドルという資産に切り替わるだけなので、その点だけで考えると特に資産状況に変化なしと言えるのですが、現時点ではこのドルをドルのままで例えばショッピングに使ったりとかは出来ないので、実質的には資産の目減りと考えます。

私的会計上の扱いとしては、円→外貨に変えた時点では額面資産が消失したという扱いになります、で、外貨を円転したり、なんらかの商品に投資した段階でまた資産残高に反映させるという、厳密な会計という観点から見るとちょっと大分不正確な扱いをしています。

長くなりましたが、そういう扱いなのでそういう扱いで現金比率の仮変動を計算

総資産額は差分の23,889円分縮小するので、1,468,981円とします。

現金はピタリ64万、現金・総資産のドル転用の資産額を控除?した現金比率は

640,000/1,468,981*100≒44%

ですので、基本安全域の33%より多いですね。

ってこれ、分母も分子も同じ数だけ縮小するから、解が変わるわけないのか、、、

でも、なんか不安だから当分は計算していきます。

で、とりあえず23,889円を当面の毎日外貨積立に充てていけばいいかという結論に、今回はなります。(住信SBIネット銀行にまだ残高があるので、その分を減算した金額を口座に充当する事にたちまちは注意ですかね)

今回は今の所株式残高も3%シグナル投資法のキモ「四半期ごとに株式残高(小型株ETF推奨)を3%ずつ増加させる」の+3%を既に達成している上に(再び株価下落がないわけがないけど)

株式購入のための資金を置いておく債券型ETFの残高も897.49ドルと、感覚的にはかなりあります。(その感覚が、狂う事が起きるのがマーケットなわけですが)

でもまあ、要はそんなにムリしてドルを用意する必要がないという事ですね

※教科書では、資金不足で買い付けが出来ない時はしょうがない、みたいに書かれてますね。この辺の対応は解釈が分かれる余地があるように思えます。

ただ再びの株価下落や、債券型ETFに投資する事によるドル資金のごく安定した緩やかな増加、積立指定の算出方法など

備えたい事、狙いたい事、脳内手順の反復化等の観点から

すぐのすぐ追加のドル資金が必要になる見込みは薄い上に、金額的にもさほど厚くはない現金ですが(私生活の通常支出となると、普通に痛いけどw)積立をごく限定した範囲で再開します。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
昨晩C-PAPのエアホースの水気が切れないので(蛇腹部分に水がたまりやすい)仕方ない、また結露結露で逆効果になってもアカンから、という事で昨晩はC-PAPなしで寝たのですが(眠剤等は通常どおり服用)

明け方頃頭痛を感じながら、割と延々と夢を見ていました。

私の場合はC-PAP使ってないと睡眠の質が悪くなるのかな?

ググッてもエアホース内の滞留水分をサッと乾かす方法が出てこなくて困ってます。



※今回の記事は重複的な内容になっています、直近の記事にも書きましたが、一昨日金曜晩に3%シグナル投資法の四半期末売買のために

積み立ててきた外貨普通預金を全額証券口座の外貨建口座に移動しました(住信SBIネット銀行→SBI証券間の外貨移動は送金手数料無料でした)

9月初旬に初めて3%シグナル投資法開始!としてから、片手で数えれる程度には外貨送金はしていますが、今回は9月初旬の初期PF形成時を除いて一番まとまった金額を送金しました。

外貨普通預金残高499.58ドルを全額送金(結局総体的に1ドル当たりいくらのレートで買い付けた事になるのかが気になる所ですが、調べると長くなりそうなので今回は割愛)

先のリンクにも書いていますが、ETFの予定買い付け額に対する余力不足で、証券口座の外貨建口座内のドル建てMMFも全額解約、それでも余力不足でBIVを2口売却(ここでもっとまとまった口数を売却しなかったのが、ミスと言えばミスでした)

それでも余力不足で、2回に渡って(余力不足が何ドルか計算出来なかったので、段階的にやった)急遽23,382円で合計210.50ドルを追加購入して送金。

この分の平均購入レートは≒111ドル弱、110ドル強というレートですね。

現時点ではドル建て安全資産は外貨普通預金0+買付余力361.44+MMF0+債券型ETF2,152.94=2,514.38ドルです。

またBIVを買えるだけ買って、(と言っても2口程度か?)余りはMMF買っておくかなー

それとも変にバタバタせず、外貨積立が再開出来るような財政状態になってから、来月第3週末に改めて安全資産内での配分を考えるか、、、ちょっと考えておこう。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2019 お金のベクトル 全力投資でセミリタイア! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie