米小型株ETFを主要投資対象とする、ジェイソンケリー氏考案の3%シグナル投資法による長期的な資産形成と、独自に編み上げたスイング的な投資の記録をメインにしたブログです。まずはセミリタイアのための第一段階として、資産2千500万円を目指しています!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
10日間遅れのブログ定例更新の始まりです、他にも読書や企業レポートの閲覧、私生活もあり慌ただしいのですが

静かな日曜日、鳥の声を聞きながらブログ更新していきます。



ゆうちょ銀行普通貯金残高 257,679
給与振込先の信金口座残高 128,390  
楽天銀行口座残高 251,036   
三菱UFJ銀行 12,557   
住信SBIネット銀行 118,235   
じぶん銀行 50,000
スルガ銀行 219
証券会社各社の買付余力 17,521  
準現金的なポイント・電子マネー ポイント・電子マネー残高カテゴリも見ていただくとより詳しい内訳がわかります、今回付与が確認出来たPayPayの500円分と、スーパーのプリカ3,275 円分を新たに計上しています。

種銭仮総額は847,364円です、10月は年金入金月だったので期待していたのですがピープルに≒6万投資したのと、近所の総合病院の耳鼻科(精神科と歯科以外は基本ここで診てもらっている)と外貨積立がそれぞれ1万ちょいずつ支払ったのを加味しても

あれ?こんな金額なの?10月より少ないよ?って感覚ですが、仕方ない・この数字で行くしかないです。

ああそうだ、10月は種銭仮総額計上後にタンス預金したんだ。だからこの金額なんですね、納得

11月もまだタンス預金してないので、ぬかりなく額面金額から差し引きます

まずタンス預金と当月家賃の引落の反映、今回は家賃は引落済みなのでタンス預金分だけ差し引きます

847,364✕0.1≒85,000を差し引きます(この金額は引き出してタンス預金にします)

847,364ー85,000=762,364

さらに中期的な貯蓄として減算する項目を抽出して修正。

基本生活費13万5千✕「4」=54万+車・カブの維持費として10万の合計64万円を減算します。

※ライフスタイルや平均月収、自分の年齢が変わればこの辺の数字は見直します、特に11月は誕生月で年を重ねるので留意したいと思います。(今月で歳を重ねるので、加齢リスク分を余分に確保するようにしました)

762,364ー640,000=122,364

この減算後の金額に一定率を掛けた金額を投資予定金額とします、投資予定対象の取引手数料にも留意します。

※一定率については、「対数関数的投資、初期投資はそれなりにブチ込め!と考え直してみた」を参照して下さい。

122,364の≒20%=24,473円が通常投資の投下検討金額です。(2019年は投資比率を引き上げます)大分萎みましたねemoji

ちょっと考えていたのが、来月確定している入院費用を引当といた方がいいのではないか?という事ですが、最終的な金額がいくらになるか厳密に判定しにくいのとそんなにムチャクチャな金額にもならないだろうという事で未引当とします。

ここら辺は心理的にヤケになっていると言えなくもないです、まあ現金比率33%を維持・生活防衛資金+αも確保、本当の本当の本当に(生活のための)資金枯渇となったらタンス預金で賄います。

イヤ、その前に資産売却か・前もって悩まないように資金確保のルールを決めているんだけど、不測の事態があるとやはり悩むなあ、、、不測の事態があっても、という前提でルールを考えて決めているんですけど、いざその「不測」を喰らってしまうと、やはりその時その時の対処が必要になってしまわざるを得ないのかな。

暫定的決定事項としては(国会答弁みたいだw)12月第3週末の3%シグナル投資法の運用四半期末時におけるポジション調整時は、生活資金に困っていなければ

生活防衛資金+αとタンス預金には手を付けない前提で現金比率10%までは低下してもヨシとします。(その前に入院費用の支払いも終わっているハズです)

生活資金に困ってるのに投資ルール上使える資金がある、という状態がありうるのか?と思いますが、私は馬鹿なのでそういう事になってしまっているかもしれません。

そうなったら普段の資産額覚え書きの!自戒文!の書き換えですね。

※文中画像は記事のイメージです、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】より拝借しています。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

もう2ヶ月前になるのか?じぶん銀行の口座開設キャンペーンに釣られて口座を作ったんですけど

キャンペーンの2,000円付与条件に「11月末の口座残高が(紹介された側は)5万円以上」という注釈があり、それを満たすためにじぶん銀行に5万円振り込んでいます。

このじぶん銀行の残高と、何かときな臭いスルガ銀行の口座残高も忘れずに計上したいと思います。
_________________☆

先週から急にストレスフルな人付き合いが発生しています、普段付き合いないのに平日晩(先週水曜だったかな?)に電話してきて

「通勤用の自転車パンクしてダメになっちゃったんで、使ってない自転車ないッスか~」

全然使ってなくてパンクか虫ゴムかわからないけど、タイヤの空気が入ってない自転車ならあるけど、、、と言うかパンクなら自転車屋に修理してもらったら?と言うと

「持ち金0なんスよー」

まあでも仕事出来ないと困るから(普段散財癖のあるその人の財布握ってる)親に言ってお金出してもらったら?と言うと何か言いよどむ。

で、仕方ないッスねー急にすいませんでした~と言われ終了

だけならまだいい

木曜に改めて放置状態だったチャリ確認して、色々ダメになってたのでジモティーで引き取ってもらった。

これでチャリ関係で件の彼とアレコレなる事はないなー

と思っていたその日の晩

作業所の同僚の方が電話してきてくれたので、アレコレ雑談

するとドアをトントンと叩く音、アレ?こんな時間に遠慮がちなノックで宅急便でも郵便屋さんでもない(彼らは声出すからね)となると、、、豚太君か?

と思いドアを開けると、チャリがどうこう言ってた彼だった

「急にスイマセン、ガラケー充電させて下さい~(弱々しいカンジで)」

USBポートからの給電しか出来ないケーブルしか持ってないみたいだった、既成品のアダプターは壊れたのかなんなのか、使えないのだろう。

あまり気分は良くなかったが、同僚の方との電話を終わらせて彼をアパートに上げる

PCのUSBからケーブルつないで彼のガラケーを充電、この時点で(コイツ100%充電になるまで居座るんだろうなー)な予感

そこから彼の愚痴のオンパレード

給料下げられた

Wワーク始めた、最近体と精神がヤバイと思います

メインの仕事の給料は親が管理してるままだけど、サブのバイトの給料は好きに使ってるんですよ!人間いつ死ぬかわからないッスからね!

ハイテンションで重い話を延々と押し込んでこられるのがこんなにもシンドいというか、ウゼー!なものとは思わなかったです。

しまいにゃそいつ断りもせずに、脱いでた仕事着を枕代わりにしてクークー寝始めるし

彼が空気読めない障害なのは、本人から聞いてます。

でもね、正直な所

お前いつ死ぬかわからないって言ってたよな?いつ死んでもいいようにするって言ってたな?なら今ここで死んでみろや!

というヤバイテンションになってしまいました、私は私で精神障害者ですからね、、、(精神障害者全てがこんなじゃないですよ)

晩10時位かな?やっとガラケーフル充電になって、礼を言いながら帰ろうとする彼が

「スイマセン、ゴミ捨てさせてもらっていいですか?」と菓子パンの空き袋を捨てようとする

スイマセン、殴らせてもらっていいですか?

私の神経というか、他人様に叩き込まれた礼儀と真逆よコレ?

まあパンの空き袋1つ位いいやもう、帰ってくれれば、と思い

ゴミ箱に捨ててもらって彼が帰った部屋でフーと気を取り直す、、、ん?なんか見覚えのないものがあるなー、食パン???

アイツかー(疲労)

ゴミは必死に捨てようとして自分のなけなしの小遣いで買った食料置いていくかー

と、呆れつつ電話

「あー、、、明日取りに行ってもいいですか?」という彼に

「うーん、出来れば今日取りに来て欲しいんだけど、、、(というか深い仲でもないのに直ちょく来るなよ)」と返す。

食パン取りに来ましたよ、で帰っていった

ここまででも、もういいでしょ?

今日午後5時半前位にジム行こうー!その前にブログ書いておこー!と1人プチスパートをかけている最中に

コンコンコンコン!とけたたましいノック

まさかというか、やはりというか

ドアを開けると仕事着着た彼が立っていて

「スイマセン、携帯の充電をー」もうええわ!!!

まず、来るなら来るで連絡して欲しいという事を伝える。携帯の充電だって0%になる前にSMS送る位は出来るだろう?30秒位、スイマセン!今日もお願いしたいんですけど!位言えるだろう。

頼るつもりなのに、根回しがないのがイラつく

それから普通に急に来られるのが困る、という事も言う

僕にも私生活があるから、色々してるし、今日も今から出るとこなんよ。

と言ってる内にこっちもどんどん感情がヒートアップしてきて

オドリャー!!!みたな罵声は浴びせなかったけど、かなり真面目に僕電気屋さんじゃないよ?そこ、わかってほしいんだけど、と淡々と述べる

堪えたのか、ここで反抗してもダメと思ってるのか大人しく謝って帰っていった。

彼を所払いした後で「ったく、前もってモバイルバッテリーでも持ち歩いとけばいいのに、、、モバイルバッテリー?」

と、自分がUSBポート付のモバイルバッテリーを2個持ってる事を思い出す

彼に電話をかけてみる、呼び出し音がしばし鳴り響く(今日は0じゃねーのか、、、)

彼が出たので、モバイルバッテリーの事を話して来るかどうか聞いたら来るとの事

幸い?モバイルバッテリーからの充電も出来たので、実際出かけるつもりだった私は今度こそという思いで彼を送り出した。

で、自分は自分で支度してジムに行って同じくジム通いしてる同級にそいつの愚痴をダラダラ言ったという話!

障害だろうがなんだろうが、私に関わろうとするならそれなりの事があるという点は彼にわからせていかないといけないと思っています。

でないと私の私生活が大きく損なわれてしまう、何のために休みを取ったのかという理由が薄まる、それじゃダメだ

下らないヤツ程自分の用が済んだら、ハイサヨナラだなと思う今日このごろです。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

◇現時点のポートフォリオ評価額◇

【通常投資枠】 347,346
【3%シグナル投資法枠】 374,224(参考為替レート1$=113.96円)
【保有現金及び現金同等物概算額】 995,940→近日更新

合計:1717,510円相当(概算現金比率:58%)+10.18ドル(現時点での外貨普通預金残高)

外貨積立による積立が成立した都度都度の、現金残高の減少・外貨(ドル)の保有残高増は原則月初に1回だけ更新いたします+投資以外の現金残高の増減も原則月1回の更新とします。

!自戒文!
・現金比率は33%以上を保つ(通常投資実行時も)
・3%シグナル投資法による買い付け実行時は、10%まで現金比率低下しても可
・但しどちらの場合も生活防衛資金+αとタンス預金には原則手をつけない



さて、先月からのルーティン的更新で、まだうp出来てないカテゴリもあるのですが

ちょっと都合で先んじて、当カテゴリを更新します。

ゆうちょ銀行普通貯金残高 131,485   
給与振込先の信金口座残高 136,097   
楽天銀行口座残高 489,944   
三菱UFJ銀行 12,557   
住信SBIネット銀行 136,220   
証券会社各社の買付余力5   
楽天Edy 137   
楽天ポイント 709    (内期間限定ポイント0)
Amazonチャージ  9,240   
Amazonポイント  357   
近所のスーパーのプリペイドマネー  8,541   

種銭仮総額は925,292円です、またしても100万円台割れてしまったので心理的に少しだけ不安ですが、9月は年金が入らないので仕方ないや

ここから(今まで前後を考えていなかったのですが、今回から徹底させます)≒1割をタンス預金して、更に当月家賃未引き落としの場合・家賃分も引きます。

今回は当月家賃未引き落としなので

925,292-93,000-35,000=797,292

さらに中期的な貯蓄として減算する項目を抽出して修正。

基本生活費13万5千✕3=40万5千+車・カブの維持費として10万の合計50万5千円を減算します。

※ライフスタイルや平均月収、自分の年齢が変わればこの辺の数字は見直します、特に11月は誕生月で年を重ねるので留意したいと思います。

797,292-505,000=292,292

この減算後の金額に一定率を掛けた金額を投資予定金額とします、投資予定対象の取引手数料にも留意します。

※一定率については、「対数関数的投資、初期投資はそれなりにブチ込め!と考え直してみた」を参照して下さい。

292,292の≒20%=58,458円が通常投資の投下検討金額です。

、、、と、ここまでは大体滞りなく(と言っても2時間近くかかってますが)書けました

ちょっとどうしようかなあ、と迷っている事があります。

現在住信SBIネット銀行に10ドル程の外貨普通預金があります、これはMMFの買い付けに充てて残り136,220円は外貨積立の注文設定見直して、とっとことっとこドルの買い付けに充てようと思うのですが

そうなると来月頭には、相当額のドルがたまって現金が減ると思うんですよ。

そういう点で浮かび上がる疑問点として

・現金比率の減少は逐一確認して33%までに留めるべきか?それとも3%シグナル投資法がらみなので、10%までは減少してもヨシとすべきか?

・溜まったドルは、米債券型ETFに教科書通り回すべきか?

それとも同じ教科書通りの別のやり方(半分は株に回して、半分は債券型ETFに→期末の株残高成長目標は当初の株残高+3%+新たにに加えた株残高)でいくべきか?

認識としては、前者は定期的に入ってくる余剰収入に対する扱いで、後者は臨時収入的なものに対しての対処という事でいいのか?

・余剰資金を投資に回すのはヨシとして、3%シグナル投資法に資金を集中させるのと、通常投資に資金を普段通り使うという事の「資金の引っ張り合い」をどう考えるか?

自分の中で納得出来る答えを見出したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2018 お金のベクトル 全力投資でセミリタイア! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie