忍者ブログ
精神疾患(てんかん、適応障害)+SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちの病んでる男が、雨にもマケズ風にもマケズ、資産3千万円を構築してセミリタイアを目指すブログです。
[1]  [2


至高の100円積立コンボ完成に向けて割とミーハーに行きました。

それにしても投信って、改めて見ていくと購買意欲をそそらされますね(投資と言うほどは見てないので、購買意欲という言い方が適切だと思います)

ETFや単元未満株以下の価格で、テーマや気になる銘柄(を組み入れた投信)に投資出来るし

※但し、販売手数料や信託報酬、売却時の料率(信託財産留保額だっけ?)などはかかりますし、お気に入り銘柄が組入対象から外される事もあります!

テーマ投資と言えばFolioやSBI証券のテーマキラーでしたっけ?じっくりは見てないんだけど、なんか、あれらのサービスは今イチな感じがするな~と思います。

単元未満株で適当にポートフォリオ組むなら、自分で組むッス、リバランスも自分でやりたいッス、調べる時間がないけど特定企業や特定テーマが多いに気になる人は投資信託でいいと思うな~

まあ色々批判するのは置いといて、私が今一番気にかけているのはズバリ言うわよ!「キャッシュレス≒LINE Pay≒LINE」

まだまだ生存競争(あるいは棲み分け)が続きそうな業界ですが、LINEは数理的分析はしていませんが、非常に展開が上手いと思います。

ではLINEの単元未満株を買えば?ですが、こちらは予算の都合がございまして、、、

1株でも買えるのが単元未満株の良い所ですが、マイルール的には資産残高やらなんやらを天秤にかけて、「アタマと尻尾はくれてやれ」的雰囲気な時に突っ込むのが基本なので

その観点的に今は待て!という感じです

今の所LINE関連の銘柄が組入銘柄上位になる保有ファンドは、私の保有ファンドの中では

SBI日本・アジアフィンテック株式ファンド

のみですが、「組入銘柄 LINE 投資信託」などのフレーズで検索すると、まあ他にもあるっぽいです。

肝心のパフォーマンスですが、今の所「、、、何に引かれて積立設定したんだっけ?」という

ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド

が良いです、楽天証券の分類平均とかいうインデックスめいたものと比べると、基準価額の推移は今イチなんですが、購入したタイミングが良かったのか今の所+5%台の含み益です。

他は正直今の所冴えないですね、特に先日ドヤっって買ったベアファンドが、、、苦笑

まあその分その他諸々は上がってるので、良いのは良いんですけど、ヘッジですからー!!

もし償還期限時にマイナスだったら、マイナス分他のファンドのどこかで利益が出ているハズなので(かなり色分けしたポートフォリオなので、そうなってなかったら相当異常事態だと思います)

その分だけ臨時で心のリバランスという事で利益確定してもいいでしょう、節税にもなるだろうて。

今日は嫌な事があって、夜更かし気味になっています。

夜更かし=睡眠不足、ですが、ちょっと前に読んだ睡眠の本によると人はトラウマになるような事があった場合に

それが記憶に定着しまくるのを防ぐために、意図的に脳が睡眠を遠ざける(辛くて眠れない、みたいな反応が実は普通)という事を読んだので、今日のこれはそういう類かなと思っています。

ただそれが延々と日常が動き出しても続くとやはり問題になるので、、、適当な所でなるべく速やかに、寝ます。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
PR
今日はポートフォリオの評価額記事を書いて、流れで外貨積立の注文し直すつもりだったのに

昼はSBI、晩は楽天証券のシステムメンテナンスで確認出来ずemoji

イライラする~っ!!!ムキーッ!!!

仕方ないので!?楽天証券での投資信託毎月積み立てにおいて採用した4つのポートフォリオの内、第3のPFを公開します。



オールシーズンズポートフォリオは株30・長期国債40・中期国債15・金7.5・商品7.5なんですが、他のブログを見ていると商品は排除して代替ポートフォリオを組んでいる方々を散見しました。

それ位コモディティというアセットクラスは魅力がないんですね、、、なんでなんだろう?

この世にコモディティがなかったら、私達は生きていけないはずなんですが

そんな疑問はちょっと置いといて、コモディティを排した場合の代替ポートフォリオとして金の比率アップをしているパターンをよく見かけました。

で、私もスリムオールシーズンズだから!という事で、深い意味もなく商品(コモディティ)のクラスを排除して、債券は国内オンリー、株式も国内(インデックスではないのですが)という保守的かつ為替の影響がダイレクトには来ないポートフォリオを組んでみました。

為替の影響が来ない、というとアレですが、外貨建て資産の場合はどうしても受ける為替レートによる資産価格変動の影響が割と少ない

というイメージですです、実際どうなるか5年位は検証しないとなんともいえないと思いますが

オールシーズンズポートフォリオ、海外ETFだと代替ポートフォリオを示している記事が見られるんですが、投資信託バージョンというのがですね、見当たらなくて、、、苦労しました。

結構後になって、あ、コレや!という投信を1本見つけたのですが、償還期限があったり割と頻繁にリバランスしてたり、フィーが高かったり

こんなのオールシーズンズじゃないよ!という気に今なったのでファンド名は伏せておきます。

リバランスという言葉が出たついでに、私もリバランスのプランをどうするか悩んでいます。

各PFを組み合わせた統合PFがUASPF(ウルトラオールシーズンズポートフォリオ)と位置づけていますが、これも今この瞬間が完成という訳ではないし、UASPFを構成する各ポートフォリオが正しいものなのかというジャッジも難しいものがあります。

要するにこれはこれで考える事がイッパイあるという事ですね

まったくもう!(だがこれはこれで愉しい)

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
毎月の投資信託積立にレイ・ダリオ氏のオールシーズンズとは別に、パーマネントポートフォリオも組み込んでみたいと思いました。

全局面型!という点では、パーマネントポートフォリオとオールシーズンズポートフォリオを同時に積立ていくという事に対してさほど矛盾もなかったですし。

まあ、、、あくまで感覚論なので、あしからずですが

で、投信積立20本ノルマ達成のために、追加したパーマネントポートフォリオもどきがコチラ



パーマネントポートフォリオについて簡単に説明しますと、株、長期米国債、金、現金を25%ずつ持ちましょう!

という超簡単なポートフォリオです、が侮るなかれ、下落に対する耐性がとても強いようです。

で、私の「パーマネントポートフォリオもどき」ですが、ご覧の通り米株インデックス・米国債権・金(為替ヘッジ有り)とよりスリムなポートフォリオになっています(^^)v

これは私が複数の投資手法を実践する上で、現金(日本円)は全ポートフォリオの中で原則33%保有する事を旨としているからです

(現在の例外としては、「生活防衛資金+αの方が金額が多い」ならその金額を保有、「生活防衛資金+α」を確保し続けれるなら現在最も重きを置いている海外投資のために、ドル買いをしながら10%~33%の比率をキープ、です)

要するに元々現金を確保して確保して、尚確保(月アタマにタンス預金をしている)するようにしているので、現金も保有比率にあらわれているポートフォリオをパクる際は、特に現金部分は生真面目にマネる必要はないという事です。

蛇足かもしれませんが、仮に私がパーマネントポートフォリオだけで投資していく!としても、上表の配分に現金33%別途確保分を織り込ませたら

アセットクラスが4つになるので、元々のパーマネントポートフォリオの配分(各アセットが25%)に落ち着きます

個人的にはパーマネントポートフォリオについて期待している事はもうひとつあって、複数の投信を用いて結局パフォーマンスポートフォリオじゃん!という「積立本数マシマシ」が狙いやすいという点です。

、、、という事で、投信積立4つの中核PF紹介その2、パーマネントポートフォリオ(もどき)でした。
__________________☆

記事を書く際の補足的確認でネットを見ていたら、他にも有意さを感じるページなどがあり、ついついブログ更新から外れたネットサーフィン&ブックマークをしてしまいます。(ガチな有意さは基本翌日確認)

私生活のリズムが乱れるので良くないのですが、後で「あの時見たアレ、どういう検索で出てきたっけ?」となるのが嫌なので、それなりに時間を割いてしまいますね。

いけないね、、、

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2019 お金のベクトル 全力投資でセミリタイア! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]