忍者ブログ
単元未満株の運用と、家計節約レポを中心に、あれこれ雑記を書き散らかしていきます・リンクフリーです。(投資は自己責任で)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
手持ちのキャッシュと保有株式の時価総額が大体一緒になったら、月々の投資を控えて見と学びに徹しようかなと今日ふと思いました。

で、また相場が冷えたら埋もれた優良株をコツコツ買い直していければそれでいいかな。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
PR
ホントは家計支出関係の記事更新したいけど、疲れるのでまた後日

前月に続き本日単元未満株でピープル2株だけ購入、平均取得単価はびみょ~に下がりました。

あくまで感覚ですがピープルは2000円割れてたらアクティブに拾いたい銘柄です。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
株式等の売却価額が104,036円

取得費用が113,153円

損益が△9,117円

が、2016年度の投資の損益です。他作業所の給与や障害基礎年金(これは非課税)などありますが、課税所得は各種控除適用の結果基本的に0円でした。

基本的に、というのは配当収入を組み入れなかったので、その分は源泉分離課税っていうのかな?入金時に差し引かれた分が引かれたままです。

僕の場合金額的には配当収入を組み入れて申告したら、配当分から20%程引かれた税金のいくらか還付されるはずなのでそうした方がいいのですが、もう面倒で今回は配当収入にかかった税金分は納める事にしました。

ここらへんはもっと勉強しておく必要がありますね、、、

組み入れして申告した場合と、組み入れなかった場合の課税状況は僕位のレベルならその場(税務所)でパパっと計算してくれるので、来年は両方計算してもらってどちらかをその場で決めてもいいのかもしれません。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
http://5290.blog.shinobi.jp/Entry/1280/

過去記事の間違いをコメントにて指摘頂きましたので、(当ブログをどれだけ継続して見てくださっている方がいるかわわかりませんが)修正いたしました。

今日は日経平均冴えなかったですね、自分は年末・年始は半年位4ケタ台の含み損が解消されてて、一息ついてたのですがまた含み損4ケタに戻ってしまいました^^;

まあ買いを入れるには良い相場ですけどね。





株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
今日@964円で年初来安値更新中のコロプラを6株、単元未満株で買い増ししました。

それとはまた別の話題ですが、ヤフーが面白い投資信託を売り出すようです。

Yjamプラス!http://feature.finance.yahoo.co.jp/promotion/funds/yjamplus.html

最低買い付け価格がふくおか証券を除けば5千円から(買付手数料や信託報酬は別途かかります)投資が可能というのも弱小資本の投資家としては非常に魅力に思えます。

似て非なるものですが、PFをニーズに応じて自動調整するロボアドバイザーを過去にチラッと紹介しましたが、食指のそそり具合が大きく異なります。

手を出そうかなー


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
備忘録的なものです
・通帳2つ記帳、メイン口座から1割引き出し(場合によってはサブ口座の資金をメイン口座に入れとく)
・楽天銀行配当金受け取りプログラムエントリー
・投下資金の計算
・2016年9月の家計収支についてブログ更新

まあ、毎度毎度の事なんですが最近何かとせわしないのでアウトプットしておきます。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。


画像はクリックで拡大出来ます

保有株の日清食品HDの株価が跳ねたので、描画してシュミレートしてみました。8月23日に終値5,970円をつけています。取得単価は5,394円、値幅上昇分の3分の1押しの5,778以下の終値をつけたら利食い発注をしようと思っています。

もちろん更に終値が5,778円以下にならずに、上値を更新するなら利食いラインも再計算して切り上げていきます。

同株を初取得したのは2015年の6月16日なんですが、前記事で設定紹介したルールでいっとけば年初来高値(うpした画像の左端の辺り)からの押し=直近ピークあたりで売れてたかもしれないのですが、チャート見る限りではピークからの3分の1押しを割った後に大きくGDしているので薄利か手数料の関係で微損撤退になっていたかもしれません。

なんでもプラスに作用する機械的ルールは存在しないという典型例かもしれません。(もっとさかのぼってみるとバッチリ利確出来てる想定も見られるんですが、レバタラですよね)

さて、おいくらの損益で一旦手を引くことになるかな?


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
HOME  → NEXT
広告
Copyright (C) 2017 ベルカーブの向こう側へ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]