忍者ブログ
単元未満株の運用と、家計節約レポを中心に、あれこれ雑記を書き散らかしていきます・リンクフリーです。(投資は自己責任で)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


人はどうして死にたがるのか 「自殺したい」が「生きよう」に変わる瞬間

超訳:人には原始時代に刷り込まれた「感情のプログラム」があり、それが現代人にはそぐわない発動を起こしてしまい、うつや自殺願望の発動などを促進する。

個人的に感じ入った所P228からの「7対3でいこう」という、うつ状態からの回復期の思考方法で、私流の観点が入ってしまってるかもしれませんが、この時期は2つの相反する欲求の板挟みに悩まされることがあり(うつで休職中の方なら「仕事に復帰したい」と「しかしベストコンディションには程遠いのでまだ休んでいたい」という具合)

そうした時ムリに片方を選ぶのではなく、ちょっとだけ片方の欲求に比重を寄らせた行動を取るというやり方を著者は提示しています。(例えば朝出勤して午後3時の休憩で退社させてもらう、とか逆にまずは朝来て10時休憩までリハビリがてら何か仕事をして、やれる手応えをつかむまでは早々に退社させてもらうなど、本書の中ではもっと踏み込んだ具体的な内容で書かれています。)

総論:私は精神疾患(てんかん、適応障害)を患っていますが、担当医からは双極性障害に近い部分もあるけど、、、と言われているので、なんとなく自分を軽度の躁鬱病と自己認定しており、本書を読んでいてなるほどなぁ・確かにそうかもなあと思わされる所がいくつかありました。(うつ状態の部分に関して、本書では特にいわゆる躁状態については触れられていません)

この辛さ、しんどさはもしかしたら心の疲れかも?という方は、本書で触れられている通りまずは完全な休養とためらわずに精神科の受診をお勧めします、それから本書をじっくり読むのが個人的には良いと思われます。





にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
PR


画像はクリックorタップで拡大出来ます

単純に資産運用の累計損益と運用利回りを毎月毎月更新していこうと思います、ってか今までやってなかったんかい!って感じですが^^; ゴメンナサイ、やってませんでした。

グラフ左側のY軸が累計損益(今回は1/4大発会引け後の値を使用、△1,524からのスタートです。含み益は≒6,000位あったんですけど、冷静に数値としてみるとこうです。加えて言うと今から10年程前に俺はトレーダーだ!って感じで投機的売買をやってた頃の数十万円の損は含めていません、あしからず)

グラフ右側のY軸が運用利回りです、こちらは折れ線グラフで表示されるようにしているのですが2個以上値を入力しないと折れ線が出現しないようなので運用利回りの折れ線グラフ表示は2月頭になると思います(ちなみに今回の値は△0.67%です)

尚このカテゴリの記事に関しては毎月最初の営業日の値をなるべく使いますし、更新自体もトップバッターにしようと思っています。(2番、3番が家計支出と今月の投資資金算出のいずれかかな?4番5番が今月の投資報告と余力をσで運用する、、、でどうだろうか?2コ1で記事にしてもいいな。)

年末年始位から、やろうやろうと思いながら中々出来なかった事の大枠がやれてようやくホッとしています(後はリライトで、この記事に1月頭のPFの内訳グラフを挿入したい)




にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
今年2018年1月から、電気料金の引き落としを当月内に入力していくようにしました。今まで料金請求書兼領収書をただの前月引き落とし金額の領収書としてしか見てなかったので月が変わって、もれなく通帳引き落とし項目が記帳される状態になってから家計管理アプリZaimの方に追記するというやり方をしてました。

料金請求書兼領収書をよく見ると「今月引き落とし予定金額」みたいのが明記されてたので、なんだ同月中にデータ入力出来るじゃんとなった次第です。

結果より緊縮財政に近づきますが、、、貯蓄は出来るようになります、、、

後、車の車検費用及び保険の出費+場合によっては次の車の購入費用として先行的に貯蓄していくというニュアンスで、毎月1万円を仮の出費として計上するようにしました。(月が変わったらこの1万円の支出は前月分に限り削除して、結果前月の支出金額合計が1万円縮小するイメージです)

これによりやはり緊縮財政に近づきますが、、、貯蓄は出来るようになります、、、

貯蓄の全体イメージとしては長期的には1000万キャッシュで確保する、中期的な貯蓄は現状は月の基本生活費15万✕3=45万+車と通勤用カブの維持費10万=55万を常にキープ&長期的貯蓄目標1000万達成のために別途月次ベースで貯蓄。足らずが出た場合は運用資産の売却でカバー、余剰資金は一部投資へというイメージです。

やれるか俺、、、正直不安だ、、

(2018年1月13日追記:取り消し線入れましたが長期的な貯蓄目標1000万は放棄します、資金拘束を積みましても機会損失の方が大きいのではないかという判断に至りました、記事タイトルも「家計管理の一部変更」というシンプルなタイトルに訂正します。)



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
遅れ遅れの更新になっていってしまってますが、ここの記事に2017年の運用成績を(追記:図表化して)公開したいと思っています。お正月休みの中やりたかった作業ですが、普段の記録をいい加減にしていたのと投資をやり直してからの(以前は数十万損して退場)ここ3年間の運用成績をまとめるのでいっぱいいぱいでした。

また週末にタイミングが合えば、じっくり腰をすえて気力が充実した状態で売買履歴あさり直してリライトいたしますm(_ _)m

↑ ↑ ↑ と思っていましたが、余りにもデータのまとめ直しが煩雑になるので諦めました、ゴメンナサイ

代わりに2017年12月30日付で2017年大納会終了!という簡易的な2017年度のパフォーマンスについて触れた記事を投稿しました。去年はお前どうだったの?という方がいらっしゃいましたら、チラ見して頂けると幸いです。



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
※2018年1月12・13日に色々リライトしました。

ゆうちょ銀行普通貯金残高(定額貯金含む&当月生活費引き出し済みで)856,753+給与振込先の信金口座残高(※注:当月家賃分控除で)974+楽天銀行口座残高(定期預金含む)469,736+楽天証券の余力反映額0+SBI証券の買付余力19,365=1,346,828

この種銭仮総額が以前書いた記事西暦2047年のゴールで示した年ごとの貯蓄進捗率(月次累計で見ていく)に対して遅れている場合は、足らない分資産売却して当月内の投資はストップとします。今回は今年の貯蓄目標金額66万5500円の12分の1≒55,458を超えているので、更に中期的に必要な貯蓄金額を差し引いて+が残るなら投資、マイナスならその分資産売却というフェーズに移ります。

加えて種銭仮総額から中期的な貯蓄として減算する項目も抽出して修正。

長期的な資産形成金額目標とは別に基本生活費15万✕3=45万+車・カブの維持費として10万の合計550,000を減算して投資元本とします。(ライフスタイルや平均月収が変わればこの辺の数字は見直します)

この減算金額合計は毎年11月度ごとに1割増とします、以前の記事と書いてる事が違うのですが、まあこれがしっくり来るかなーと思えるので。

今年10月までは605,000を減算して投資元本とします、11月に減算金額合計を1割増しします。

投資資金の最上限は1,346,828-550,000=796,828(この数字がマイナスになったらマイナス分資産売却して現金を得ます)

当月投資金額はその≒「2」%の15,937円です。

年末年始にかけて、今後の投資戦術をどうするか考えていたのですが年が変わるごとに投資資金の上限額のX%投資するのXの数値を1ずつ高めていくという方針にしました。

中でも今年は1%を2%にするという、比率的にも金額的にも前年比の金額と比べて倍の投資を進めていくという事で気を引き締めていかなければならないと思っています。



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
 

画像はクリックで拡大出来ます

前記事に現金1千万円を貯めようと思ったら、ここ3年のペースで言うと貯蓄だけなら≒57年かかる!という暗い記事を書きました。

ただまあもうちょっと現実的にというか、今の現預金も含めて毎年1割ずつ確保金額を増やしていったらどういう貯蓄ペースになるのかという事を表にまとめてみました。

私の誕生日は11月なんですが、毎年11月に1割確保金額を増やしていくと仮定するとちょうど70歳で1千万円程度のお金を確保出来ます。

車やカブの維持コストや、障害基礎年金の減額、60台からの体の衰えや定職の確保などを考えると正直きついなあと思うんですが、まあ57年後の97歳で目標達成!よりはマシだと思います。(車に関しては、70をメドに免許返納して持たない生活をしてるか、もっと早期に今の車を乗りつぶした時点で持たない生活になっているかもしれませんね、、、)

今年も含め、最初の15年間(40歳~55歳)は年間24万の貯蓄が出来ていれば順調に確保金額を増やしていけます。

次の7年間(55歳~62歳)は年間24万円以上の貯蓄が必要となる上に、年齢的にも50代後半~60台前半に差し掛かり、確保金額の捻出が難しくなってもおかしくないなあと思っています。この頃に投資が上手くいっていれば、足らない分は逐一現金化していけばいいので問題ないんですが、、、

この辺のゾーンの事を考えると、今の作業所勤めではなく障害者枠雇用の正社員(福利厚生が厚い、昇給や退職金がある)という線も考えておいた方がいいのかな、、、ハードルは至って高いし、障害基礎年金がストップされたら意味ないんで躊躇する部分ではあるんですけど。

そしてラスト8年間(62歳~70歳)確保金額の積み増しが初っ端から≒50万で最終的には≒100万の積み増しというおいおいどうすんだ?的なペースになっています。

たぶん、貯蓄と併行して行い続けた投資を総崩しで現金化かな?

投資で最大収益を得ようと思えば、最適対象に早くから大きく資金を投下。確実に資金的土台を作ろうと思えば貯蓄、バランスを取りながらどっちもやらなきゃいけないのが悩ましい所です。

(2018年1月13日追記:この記事の終わりに書いた通り、投資と貯蓄のバランスを取るのは大事ですが、資金拘束を受容し続ける事による投資リターンの機会損失という点を鑑みてあまり70歳までに現金1000万を確実に貯蓄!というテーマには拘らないようにします。)



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪


PDF版の閲覧はここをクリックorタップして下さい


PDF視聴環境のない方は一旦画像をダウンロードして、Windowsフォトビューワー等で見ると少しは見やすいかと思います。

2度目の投資を始めた2015年~2017年の3年間の資産の増減や運用状況を強引にまとめてみました、今年を振り返る前に総括したかったので。正直かなりみづらいものになってると思いますが私の能力ではこれが限界です、平にご容赦下さいませm(_ _)m

自分なりにポイントを列挙すると

・資産運用に関しては投資金額合計22万6千74円に対して△1.27%の利回りというクソダサイ結果で終わってる

・2015年当初の資産(100%現金)を表の数字から逆算すると、81万7,133円。通帳の残高を参照して推計すると76万5,584円と若干開きがあるが、まあ気にしても仕方ないだろう。

記憶をたどるに2015年の春には110万程資金が貯まって、よし投資再開しよう!となってたから大筋は間違ってない。

・総資産増減率は28.96%(金額にして≒50万)と良いパフォーマンス、投資成績は上述した通りふるわなかった中でこのパフォはイイ!結果論としては節約最高!(ただ、節約に複利の効果はないので節約で捻出したお金を元手に除々に投資のアクセルは踏み込んでいきますよ~)

2015年~今日までの実現損益で触れてますが売買で確定した損益の通算は△9,116円、そこに受領した配当金等の金額1,861円を加えると△7,255円、更に現時点での含み損益+4,385円を加味すると△2,870円で収まってはくる。来年は挽回したい!

・現在の保有資産比率の内訳は現金が≒91.22%と圧倒的にキャッシュの比率的厚みがある、だが金額的な厚みとしては心許ない気がする。正確に今の今現金がこれだけあるっていう金額は各口座やタンス預金してる分やら、証券会社の預かり分とか照会しないとわからないわけですが、表に書いてある「保有現金概算」額よりは少ないですし、、、もっと言えばもう1ケタはランクアップさせた金額の現金を(つまりは一千万円単位)「今」持ってないと先々の事を考えると不安と言えば不安です。

参考として書かせていただくと、今回まとめたデータと同様の節約をして貯蓄して1千万という金額を捻出しようとすると、なんと≒57年も節約し続けないといけません!私は今40なので、97歳の時点で目標金額達成です。まあそこまで来ると、冥土のお迎えが来るからもういいよ~となっているかもしれませんが(汗)資産運用における都度都度の目標で指数に買った負けたと言うよりは、個人的にはこの現実とその時その時の貯蓄&資産の運用状況がどうなっているかの方が大事な事だと思います。

そりゃ今の今という事で言えばザックリ100万~のお金を持ってるのは独身独り身としては充分なんですけどね、でも老いて介護施設にいる父の状況とか観てると尚更考えさせられるし、いつまでも独身ではいたくないというのもある。

先々のまとまったお金、というワードが出たついでに触れさせてもらいますが、ウチの父は大企業を勤め上げて結構な(というか僕からしたらこの先一生かけてもかなわないんじゃないの?)という位の金額の資産があります。億はいかないけど、ん千万クラス。

やらしい話相続で数百万位は最低でも頂く事になると思うけど、それを考慮したマネープランを立ててもしょうがないし、よくないと思うんですよね。

あくまで父が存命な内は、相続財産の多寡には拘らず自分の稼ぎ・自分のインカムゲイン(株式配当や障害基礎年金)のみを考慮して資産を構成していくべきだと思います。

まあもう成年後見人がついてるから、生前贈与も受けれませんしねw

長くなりました、次のポイントに移ります。

・ピープルの株式保有比率の多さを解消する方向で行きたい(現在総資産から見た保有比率は4.66%程度ですが、非現金資産の保有比率としては53%と圧倒的な偏りを見せている)これはバフェット太郎氏の影響ですね、均等分散投資をしたい、と思ってます。保有銘柄は氏の様に米国の大型優良株をセクター重複に注意しつつ選定してるわけではないので、忠実なトレースにはなってないんですが、論理的で魅力的に感じる部分はアレコレ考えずに取り入れさせてもらおうと思います。

ピープルの株式保有比率の多さの解消、手っ取り早いのは大半を売却する事ですが基本的に自分はノーセルリバランス派なので、より組入比率の低い銘柄への投資を行う事で結果的に保有比率の偏りを解消していこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本記事を持って今年最後の更新とさせて頂きます、今年は休眠状態に近かったブログをマメに更新しようと思い直して(それでも毎日更新してるわけではないので、毎日更新組の方々にはかないませんが)モチベーション維持も兼ねてブログランキングに参加して、なんと早々に自分にとってメインと思っているランキングカテゴリで1位の座を頂きました。

とても嬉しかったし、今後の更新へのモチベーションにもなっていくのは間違いないです。ブログに来てまとまりのない記事を読んでくださる方、応援クリックして下さる方に心から感謝の意を表明致します。

皆様よいお年をお迎え下さい、それではまた来年お会いしましょう!



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング参加中(^^)/ あなたのクリックが励みになります!ぜひとも1クリポチッとお願いしますー♪
HOME  → NEXT
アクセスカウンター
アクセス元ランキング
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
ブログ内記事検索
広告


Copyright (C) 2018 ベルカーブの向こう側へ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]