忍者ブログ
単元未満株の運用と、家計節約レポを中心に、あれこれ雑記を書き散らかしていきます・リンクフリーです。(投資は自己責任で)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



画像はクリックで拡大出来ます。今週月曜日にジャフコを1株購入したのですが、その時の購入価格が5,694円。

元々当月投下資金は7,821円としていました。ジャフコが5,694円の購入までしか予算の中で出来なかったので当月投下資金が2,127円余っていました。

普段はひと月に1銘柄を当月投下資金で買える範囲で(単元未満株で)買って、余った余力は来月に持ち越し・としていました。

資金効率的には良くないんだけどなー、、、まだまだ力量不足だしな、、、と思っていました所こんなブログ記事に出会いました。

積立投資 2017年10月 --正規分布を仮定して毎月の積立額を決めてくれる仕組みを作りました。先月からこの額を元にVTIへの投資を継続中

目ウロコ的なカンジがしましたね、勘違いしてはいけないのは金融は統計学・確立通りにいかないという所ですが、それにしてもこの記事で書かれている事は自分にとって魅力的なものに映りました

それで上記ブログ内の関連記事を読んだり、σ(シグマ)って何?標準偏差?とかこの手法を成り立たせる上での必須概念の理解、及び表計算ソフト(自分の場合OpenOffice)を使っての計算etc、、、を先週末と月曜作業所から帰宅してメインにやってきました。

学習についてですが、自分は最終的にこの動画を繰り返し観ることで随分理解が深まりました。
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=dCekZ3FdCz4

細かいコトは割愛しますが、自分は当面は当月投下資金を単元未満株に実際に投資して、余った分の金額の数字をベースに投資信託の買い付けも行う事にしました!

現在の心境としては直近で基準価額がごくわずかに下がっているので、びびってはいますw

今回は当月投下資金余りの2,127円ピッタリを楽天・全米株式インデックス・ファンドの購入に費やしました。さて、どーなるかな~?




にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー
PR
障害基礎年金を受給し始めて初の更新を迎えたんですが、たぶん等級(区分?)が下がって、年金受給額が減りそうです。

減額されたら月の予算と投資金額計算時の基本生活費を見直します。



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー
前記事リライトして、今回は週末の注文に備えて気になるファンドを挙げておこうと思います。(誰かに推奨する目的ではありません)

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

明日の日本株式市場のガラガラ振り(上昇するかもですが)と、上記ファンドの基準価額の変動を見て発注したいと思います。

・単元未満株をまず発注して、余ったお金を該当ファンドの購入にあてる
・該当ファンド1本に今月の投下資金全て投入(それならVTを買いたいが、購入手数料と為替の両替手数料とVT1口の価格が予算オーバーになると思うので)
・日本株があまりにもナイアガラ過ぎるので単元未満株(=日本株)のみ果敢に買っていく、この場合保有済み銘柄の買い増しか新規投資かを考える必要あり

以上3択の中でいずれかを実行すると思います!



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー


※画像はクリックで拡大出来ます
2015年11月1日~2016年10月31日、2016年11月1日~2017年10月31日の通算2年間の内売買で確定した損益をまとめました。(買い付けが2015年11月以前のものもありますが、ことごとく売却してるので今回はみなし的に「ここ2年」の内に買ったものとします)

黄帯になっているのは投資信託と外貨建てMMF、他は単元未満株です。

改めて振り返ると2015年に投資信託で投資再デビューして、同年6月に初の単元未満株デビュー(日清食品HD1株)して、それから年末までに弁護士ドットコム10株、JT1株、ピープル3株を買い付けて翌年の2016年の大発会ショックで自分の投資手法についてSNSで知り合った方からそういう投資はよくないというアドバイスを受け(その方自身は投資はしてないけど、賢明な方だ・僕の心理と金融市場の真理を観て助言してくれたのだと思う)一旦リセットするつもりで保有していた投資信託、外貨建てMMF、単元未満株のほぼ全てをぶん投げる。

なぜか単元未満でJT1株だけは持ってたんだよね、なんでだろ?配当金を延々もらっていくつもりだったのかな?

まあほぼノーポジになって、そこから総資産からさらに安全確保的にお金を差し引いて「一応リスクにさらしていい額」のさらに1%を単元未満株の購入に充てるというスタンスが立ち上がったようだ。

それはいいとして握力は基本弱く、ホイホイ益が出たものを手放して利食いする感じが2016年8月末まで続く。

当時の自分としてはそれでも相当我慢したり、売り時を見計らってたりという努力はしてたんだと思う。

まあ結果確定損益としては△9,117円という成績で終わった。

次の更新は以前の記事で公開した図表にこの損失を織り込ませたものを晒そうと思います。

(追記:細々おかしい点が更新したばかりなのに見つかってます、次の記事はやはりこの記事のリライト的なものにしようかと考えています→2017年11月9日リライトしました)



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー
ゆうちょ銀行普通貯金残高(定期・定額貯金含む&当月生活費引き出し済みで)1,051,339+給与振込先の信金口座残高(※注:当月家賃分控除で)172,930+楽天銀行口座残高(定期預金含む)48,733+楽天証券の余力反映額0+SBI証券の買付余力4,102=1,277,104

上述の中で種銭から減算する項目を抽出して修正。

↑ ↑ ↑ で、ここ2年ほどか?は毎回総額525,000程を引いてたわけですが、今月から基本生活費15万✕3=45万+車・カブの維持費として10万の合計525,000を減算して投資元本とします。(ライフスタイルや平均月収が変わればこの辺の数字は見直します)

更にこの状態が変わりなければ、毎年11月に合計525,000の減算額に13,125円を加えてプールするキャッシュに厚みを持たせていきます。

投資資金の最上限は1,277,104ー525,000=752,104

当月投資金額はその≒1%の7,521円です。

※2017年11月12日追記:30,000円会計に含めてない現金が出てきたので、当月投資金額は+300増しの7,821円までとします!



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー


画像はクリックで拡大出来ます

前々記事の図表
を見てて、なーんかしっくりこない・おかしい・こうしたいという辺を色々いじってたんですが、やはり決定的におかしいのは「いつからいつまでのポートフォリオ、アセットアロケーションなのか」という事だと思い至りました。

で、今日が2017年10月31日で、履歴によると単元未満株投資を始めたのが2015年11月からなのでまずはこの2年間(2015年11月1日~2017年10月31日)の資産運用状況等をまとめていこうと思います。

基本バイ・アンド・ホールドなんですが2016年前半はちょこちょこ売買してたり、2015年11月以前に購入してた資産の売却をこの2年でやった場合どう扱うかとかアタマがこんがらがってますが、なんとかまとめていこうと思いますm(_ _)m



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー



画像をクリックで拡大出来ます

まず補足を、「配当金受け取り履歴」のカテゴリーの記事を時々更新してたんですが、データは約2015年に単元未満株投資も始めた頃のものだけです。(本格的にちびちび単元未満株投資に切り替えたのは2016年からみたいです、他人事みたいに書いてますがホント過去何してたのか思い出せないんですよね、、、正確に記録もまとめてないし)それより以前の投資歴の中でのインカムゲインについては触れていません(まートータル大損だから別に、、、って感じです)

表を見て頂ければわかるのですが、前回までの数字と集計金額がわずかですが違っています。2重集計や記入忘れ等があったようですm(_ _)m基本的に同カテゴリーの前記事までよりは少々少なめになってます。

それから備忘録:直近の受け取りは10月にピジョンから、配当金受け取りプログラムは7月に受け取り



にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ

人気ブログランキング
 にほんブログ村ランキング参加中♪ あなたのクリックが励みになります!1クリポチッとお願いしますー
HOME  → NEXT
アクセスカウンター
アクセス元ランキング
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
ブログ内記事検索
広告


Copyright (C) 2017 ベルカーブの向こう側へ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]