忍者ブログ
単元未満株の運用と、家計節約レポを中心に、あれこれ雑記を書き散らかしていきます・リンクフリーです。(投資は自己責任で)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9


一応平均総収入の枠には収まってますが、ギリですなあ、、、予算111,429円の枠は超しちゃってるし 汗)

21,840円する車用のポータブルナビを買った(取付工賃込)のが、支出圧迫してますね。むしろ2万円台の買い物をしてよくぞ平均総収入の枠に収めたと言えなくもないですが。

なんでナビなんか買ったかというと、スマホの回線をドコモからOCNモバイルONEに乗り換えたんですが、使用端末は旧ドコモ端末で旧ドコモ端末で他の回線使ってGPS情報の読み取りをしようとしたらデータの読み込みがブロックされてしまうという事態に陥ってしまったためです。

脱獄も試みたんですが、無知な自分には不可でした。

1年位格安SIM生活続けたら端末故障時の代替機&ナビも使えるように非ドコモ系の端末購入も考えてます、なんかコスト削減策が裏目に出てるようで忸怩たる思いです。

前月支出で後目立ったとこは特になし、強いていうならタバコに≒7,000円も使ってること。

減らさなきゃ!格安SIMによる節約金額があっさり吹っ飛ぶ、とにかく減らさなきゃ!


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
PR

クリックで拡大出来ます

種銭と時価評価額の合計から見た株式PFをグラフ化してみました。リスク性資産投資可能額≒50万(PF中≒95%、今回のグラフからは除外)、保有株式時価評価額は≒3万(PF中≒5%)となっています。

株の個別銘柄の保有比率上限をどこに設定するかを悩んでいたのですが、(80ー実年齢)÷保有銘柄数としてみようかと思っています。

今僕は38歳なので、個別銘柄保有比率上限は42÷6(保有銘柄数)=7%が保有上限となります。(※株全体の保有比率は80ー実年齢の比率でいく前提、ここは今後見直しがかかるかもしれません。)

で、大体個別銘柄の保有比率が揃ったら分散(新たに別銘柄を買い付ける)しようかと思います。

で、株価が跳ねたり・あるいはジリジリと上昇して保有比率上限を超えたら「全部売り・半分売り・3分の1売」でアバウトに保有比率を調整しようと思います。(どれを選ぶかは、どの位保有比率上限を超えてるかが主な判断材料になるかな?)

あー、なんか色々運用の仕方で迷っていたんですけど、これでスッキリしました。これで次なるステージに踏み込んでいけそうです。


(2016・10・18追記:やっぱりなーんか違うんだよな、、、)


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
(※一部計算間違いや、新たに思う所があったので修正・追記かけてうpしています、2016年10月3日)

保有銘柄評価金額合計29,188円、含み損益合計△8,619円、保有銘柄評価金額合計+種銭総額から見た全体保有比率≒5%

ピープル 10株(@2592)
直近終値1604  評価金額16040 保有比率≒55%

JT 1株(@4496)
直近終値4119 評価金額4119 保有比率≒14%

ブックオフ 5株(@881)
直近終値786  評価金額3930 保有比率≒13%

ピジョン 1株(@2794)
直近終値3040  評価金額3040 保有比率≒10%

コロプラ 1株(@2504)
直近終値1565  評価金額1565 保有比率≒5%

アールビバン 1株(@578)
直近終値494 評価金額494 保有比率≒2%

各銘柄の保有比率を80ー実年齢か(80-実年齢)÷2の数字のどちらかに寄らせていこうかと検討中、あるいは定率、あるいはフィーリング、、、う~ん

株全体の保有比率は80ー実年齢の比率でいいかな~


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
ちょっと普段のローテーションだとフライングといえばフライングですが、来月10月は1日土曜日・2日日曜日ということでもう種銭と投下予定金額を算出しておきます。(発注は間を明けて10日に翌日成り行きで注文予定か、即時発注か悩み中です)

ゆうちょ銀行普通貯金残高(定期・定額貯金含む)845,152+給与振込先の信金口座残高97,036(10月頭の家賃は引き落としまだ!)+楽天銀行口座残高(定期預金含む)105,164+楽天証券の余力反映額0+SBI証券の買付余力8,175=1,055,527円

上述の中で種銭から減算する項目を抽出して修正。(ちょうど本日携帯やネット等の引き落としがあるかもしれないんですけど、それは11月以降に調整かかる感じでヨシとします)

種銭仮総額1,055,527ー70,000(10・11月の家賃)ー34万(定額貯金、虎の子扱い)ー4万(虎の子増資 扱い、ニュー福祉定期かそれより有利な定期に預貯金予定)ー車検代、及び車の維持費用10万=505,527

※当座の生活費は、メイン口座から引き出し済みなので考慮せず。(新しい月を迎えた第一週の内にメインのゆうちょ銀行から1割引き出し、今回は前月末に引き出しという形になります。)

505,527÷100≒5,055円が今月の投下予定金額です。

以下蛇足的な内容ですが、種銭仮総額が増えてないのが気にかかる。直近では9月は障害基礎年金2ヶ月分が不支給の月だということを加味するとストック出来てる方だと思うんですけど、いざなみ景気にちゃんと乗れなかった上にリーマンショックで退場してから≒7年ぶりになるのかな?

2015年4月にマークした預貯金1,127,484円を更新出来ていない。当座の生活費も含めれば若干更新と言えなくもないが、当座の生活費は当座の生活費として消費されるものだしね。

保有株式の時価評価は≒3万ですが、それを考慮してもまだ近年のキャッシュピークを事実上超えているという結論には至れない。

手元資金により厚みを持たせつつ、着実に投資して着実に資産を形成するというテーマを果たしているとも言い切れない(こっちは姿勢としては出来てる面もありますが)

意識して、意識して、意識して行動しよう。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。



今自分はネット証券のハブ銀行として楽天銀行を使っていますが、障害基礎年金の受け取りをゆうちょ銀行にしており、作業所の給与は会社指定の地場信金に振り込まれるようになっています。

で、自分的にはゆうちょ銀行をメイン口座として捉えていて、ゆうちょ銀行の口座残高を棒グラフ化して残高平均を下回ったら作業所の地場信金から(引き落としの家賃分を除いて)全額引き出して、ゆうちょ銀行に預けていました。

でも、なんか金銭管理の作業的に面倒になってきたので今後はメイン口座のゆうちょ銀行の残高を信金口座の残高が追い抜く、あるいは追い抜きそうになったら(来月家賃分を残して)全額を信金からメインであるゆうちょ銀行に入金するようにします。

金銭管理が楽になるし、自分的にしっくり来るので今日この考えに思い至ったのは良いことだと思いました。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
備忘録的なものです
・通帳2つ記帳、メイン口座から1割引き出し(場合によってはサブ口座の資金をメイン口座に入れとく)
・楽天銀行配当金受け取りプログラムエントリー
・投下資金の計算
・2016年9月の家計収支についてブログ更新

まあ、毎度毎度の事なんですが最近何かとせわしないのでアウトプットしておきます。


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
H28年9月1日 JT(日本たばこ産業)中間配当1株 52円(@52円)

株式配当金受け取りプログラム6月分小計 20円

配当金受け取り累計金額 429円
株式配当金受け取りプログラム累計受け取り金額50円

配当金関連累計受け取り金額 479円

3千円ほど前回集計時から保有銘柄を利確したんだけど、それ以上に含み損が膨らんで今大体含み損が≒1万なので焼け石に水感はいなめません。

いつの日か配当金関連累計受け取り金額が、含み損を定常的に超える日を夢見て投資していきます!(含み損は許容するんかい!というツッコミはスルーで)


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
PREV ←  HOME  → NEXT
広告
Copyright (C) 2017 ベルカーブの向こう側へ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]