精神疾患(てんかん、適応障害)+SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちの病んでる男が、雨にもマケズ風にもマケズ、資産3千万円を構築してセミリタイアを目指すブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5


※画像はタップorクリックで拡大出来ます。 スマホ・タブレットテンプレートからの場合恐れ入りますが再度表示画像をタップしてもらうと、精細な画像が表示されます。

6月は色々現金収入があって、目立った出費をしていないにも関わらず現金額は超微増に留まってしまいました。

総資産額の伸びも、コロプラのマイナスが足を引っ張り(現在2万弱の含み損)超微増に留まってしまいました。

さて判定を

現金額が増えているか?判定C 

総資産額が伸びているか?判定C 

現金比率は低下しているか?(≒フルインベストメントであるか?)判定B

↑ ↑ ↑ 前回と比べてほとんど同じ現金比率なので、前回同様Aでもいいのではないか?とも思えますが、それ以上に前回比でほぼ変わりないという事を重くみたいと思います。

また現金比率の判定についてですが、33%~66%を通常ゾーンとしてそこを上抜けているか、下抜けているか、で判定をつけるという考え方もアリなのかなぁと思いました。

初回投資がとても上手くいって初めて次の手を打つという、あまり現実的ではない基準とも思いますが、似た手法を取りつつ発生しうる痛みをより排除したい向きの方には良い処方箋なのではないかと思います。

閑話休題

総合判定CCB:スコア4(A3、B2、C1)

スコア(訂正:5以下)につき今月も新規・追加投資は見送り!です。

真贋の見極めがつく賢明なる投資家であれば、現金額がそれなりにあり・現金比率が高ければ(私基準ではBCCのスコア4位かな?)今こそ買い場!と買いを進める所だと思うのですが

私は「勝ちを最大化するより、負けを最小化する」事に専念した方が、現在の力量からすると結果的には上手くいくと思うので、今月も神風が吹く(リスク性資産の資産価値上昇)までただただ勉強しながら待とうと思います。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。


※画像はタップorクリックで拡大出来ます。 スマホ・タブレットテンプレートからの場合恐れ入りますが再度表示画像をタップしてもらうと、精細な画像が表示されます。

大分、、、資産が目減りしました、、、コロプラ、、、

さ、クラクラするのはやめて判定を

現金額が増えているか?判定C これはもう何をか言わんやです。

総資産額が伸びているか?判定C Bに近いCという感覚です。

現金比率は低下しているか?(≒フルインベストメントであるか?)判定A

総合判定CCA:スコア5(A3、B2、C1)

今月の新規投資は見送り!

損して休むは上の上です。

現物オンリー、借金ナシの兼業投資だとこういう目安はつけやすくていいですね。

現金≒100万なので、どう有価証券類の価値が減っても、最悪そこで総資産は下げ止まるので。

現金額の回復と有価証券類の伸びを、相場を見ながらひたすら待ちます。

※第3週末の現金比率がアンダーウェイトになっていないかのチェック、第4週末のポジション整理についてはいつも通りでやっていきます。


にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。


※画像はタップorクリックで拡大出来ます。 スマホ・タブレットテンプレートからの場合恐れ入りますが画像表示後に再度表示画像をタップしてもらうと、精細な画像が表示されます。

さっそく判定に移ろうと思います。

まず現金額、余裕資金の20%をドカッ!と投資した後だけあって、作業所給与+障害基礎年金+少額ですが保有銘柄の利益確定とCFが+になる事が続いたにも関わらずボコっとヘコんでいます。

(現金も1つのアセットクラスとした)均等分散の観点から観ると、≒12万~37万の現金を確保しておきたい、それとは別の観点で月々の確保金額55万+自動車保険55,000≒60万5千円という金額を確保しておきたい。

あとムチャを言うな!という所ですが、なんだかんだで現金額が積み上がってる事も重視したいと思うので、それも加味して判定します。

均等分散という観念で必要な金額と、生活費+αとして常に現金で持っておこうという金額(1倍割れでC、1倍台でB、2倍以上でA)と、グラフ的に右肩上がりであって欲しいがどうなるかという観測を考慮した判定、、、

現金額判定B

総資産額、前月比でみると現金が減った割には、総資産が伸び悩んでいるカンジがします。

リスク性資産の含み損はほとんどないので、投資した分はそれだけ総資産の伸びに寄与しているのが理想なんですが

大体のイメージとしては年金分がそのまま投資に回って、リスク性資産の変動はほぼプラマイ0のところに、作業所給与の1.5倍強生活費がかかってる(≒11万)ので

総資産の伸びがとりあえずの理想として+16万(ここから更に上昇ないしはインカムゲインの創出希望)とすると、そこから生活費が△11万で≒5万の伸びにとどまってしまいます。

また、わずかな差ですが今年度3月頭の総資産額より少し金額が低いのも気になります。

総資産額判定B

現金比率、ガクッと低下(保有資産の現金比率が下がること自体は、向かうべき方向に立つゲートをくぐるようなものと思っている)

判定基準として、低下する事自体はいいとしてそれが現金額の判定と照らし合わせてどうなのか考えてみたいと思います。

現金額の判定Cという事と比率低下という事を照らし合わせて

現金比率判定B(比率のあきらかな低下&現金額判定Aなら、現金比率判定はA)

現金額:総資産額:現金比率=BBB

ダブルCが付いたら今月の投資は見送ろうと思ってたんですけど、トリプルBか、、、微妙だな。

投資したれ、とは思うんですけど、ちょっと来週いっぱいどうするか考えてみます。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。
PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2019 お金のベクトル 全力投資でセミリタイア! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie