メインは単元未満株による投資、次に副業、それから家計管理です。スマホ、タブレットでの閲覧時・記事内の画像表示が粗い場合は、恐れ入りますがもう一度該当画像をタップして画像単体を表示させた後更にタップしてみて下さい(お手間かけて申し訳ありません)よろしくお願いいたします。 ※ブログ内カテゴリから記事を読みたい場合はPC版テンプレートに切り替えて、サイドバーの方のカテゴリ一覧からお読み下さい。
[1216]  [1215]  [1214]  [1212]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204
サムネイルかこちらをクリックして拡大されたグラフが見れます(見てね!)

現在投資信託3本、外貨建てMMF1本、単元未満株4銘柄に資金を分散投資して、資金投下総額約11万に対して△8%程の含み損となっております、、、

大発会から日本市場でこういう動きをするのは21年ぶりだとかなんとか、逆に言えば21年振りの買い場が来ていると言っても良いのか、、、?(超ポジティブ)

自分は原則ノーセル・リバランスで行くと決めているのですが、改めてグラフを作成してみて直感的に思ったことを箇条書きしてみます。

・ロシア投信、爆縮の恐れあり・15%割れしたら買いかな?

・個別株では弁護士ドットコムの保有比率が圧倒的に多い、ということは個別株部門は弁護士ドットコムの評価損益に大きく振られることになるのだろうか?

・含み益が、今日清食品HD1株しかない(涙)この不透明な相場と株比率が弁護士ドットコム株に一極集中していることを考えると、買い上がりもありか、、、?

・ピープルが買い付けてすぐに国策保有銘柄に挙げられてプラ転したんですけど、今年に入ってハッキリとマイナス転落、配当性向の事「だけ」を考えるとそれでも買い下がればいいとは思う。

・外貨建てMMF(トルコリラ)さっきレート確認したら38円台になってた、2ch市況2では悲鳴が上がってるだろうな、、、個人的にはマイナスなのはキツイが、比率としては6%程度なので円高トルコ安が進んでも、損益的にはさほど影響はないのだろう。

・バランス型投信2種、また押し目か底抜けか?という気がする。さーてどちらだろうか

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2018 お金のベクトル 全力投資への道 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie