精神疾患(てんかん、適応障害)持ちの気の多い病んでる男が、雨にもマケズ風にもマケズ、資産3千万円を構築してセミリタイアを目指すブログです。
[1525]  [1524]  [1523]  [1522]  [1521]  [1520]  [1519]  [1518]  [1517]  [1516]  [1515
私にとっての究極の習慣は、当ブログに記事を毎日アップするという事です。

今は書き溜め+自動投稿設定や記事作成代行などを基本的に使用していないため

(※自動投稿による投稿は、今までで数える程度はあります。作成代行は0、もしシステムとして取り込むならゴーストライティングではない形式で利用したいかもです)

人によっては大変なものだと思います、ですが私はむしろ書く事で自分が受け止めている情報や感情を整理する効用を当ブログに見出していますし

フルタイムで働いている方や、家族で暮らしている方より平均的な「自分の時間」を多く持てる方なので、やろうと思えば出来ます。

次なる習慣(というかこれは目標ですが)は毎日2記事投稿(別サイトやブログも含む)です。

これは大変なものがあると思います。

つーかそこまでやる意味あるの?と思わないでもないですが、なんとなく量を捌いた先に見える有用な効果があると感じているので、とりあえず目指してます。

洗濯・独り身だし、仕事でも別に服汚れないので週に1回洗濯機回せば十分事足りるのですが、週2回洗濯機を回すようにしています。

いずれは浸け置き洗いや洗濯槽洗浄とかも習慣化したいのですが、現状はまだこの週2回洗濯機を回すというのが自分の中で定着しきっていないので、喫緊の課題とはしていません。

1日1時間は読書の時間を確保して読書に取り組む、これは一応、、、ですが出来ています。

難しい本だと5分読んで後ずっと昼寝こいてたりもしますが、もうそれはそれでヨシとしてます。

(当初はこれに加えて、5日間で1冊ペースという目標も加えていたのですが、意味を感じなくなったので辞めています)

ただ物足りないなーと思ったりしたら、1時間以上時間割いて読みにかかったりはします。

次の日は次の日で昨日2時間読書タイム取ったから今日は読書ナシ!とせずに、リセットして1時間の読書タイムを取るようにしています。

金曜仕事から帰ったら部屋の片付けをする、中々仕事の後にするのって腰が重くなりがちですが、なるべく早く・少しだけでもという感じで取り組み始めています。

理想は自分でも納得いく位ピシーっと片付けれたらいいんですけど、まあ逆にアソビをもたせた方がいいのかな?でないと続かなそう。

日曜午前中に家事を(意識して)やる

それとは別に、今日から始めたのですが週1で(基本的には日曜)メインで使ってるコタツテーブルの横のサイドデスク(デスクといっても粗雑なDIYでこしらえた台ですが)の上を片付ける。

現在習慣として定着化させようとしているのはそれくらい、、、そうそう、毎朝週刊東洋経済の配信するニュースを1本読むようにしています、でも、これはもういいかな~とか思ったり、、、惰性でやってますね。

後は転売関係の事も、もっとやっていこうと思っているのですが、、、これは相場情報や企業分析同様、思うばかりで中々出来ていません。

仕組み化と併せて、習慣を定着化させていきたいです。

あ、まだあった(笑)

週3回運動する、第3土曜日は同僚の方とランチする(これは第3土曜日は近所のジムがお休みのため、うっかり行くのを防ぐ仕組み化の一環として実施しています)

色々自縄自縛(じじょうじばく、と読むみたいです)してますね、全てより快適な状態を手に入れるための事です。

40という年まで、割と野放図に良くも悪くもプライベートは過ごしていたのですが障害悪化して、明らかに労働に制限かかる身になって必然的にプライベートな時間が増えて

なんか色々私生活改善中です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ
↑↑↑にほんブログ村ブログランキング参加中

あなたのクリックが励みになります \(^^)/ やっほーい

ぽちッと押したランキングのジャンルの、他のブロガーさんのブログを物色するのも愉しいですよ。
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2019 お金のベクトル 全力投資でセミリタイア! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie