メインは単元未満株による投資、次に副業、それから家計管理です。スマホ、タブレットでの閲覧時・記事内の画像表示が粗い場合は、恐れ入りますがもう一度該当画像をタップして画像単体を表示させた後更にタップしてみて下さい(お手間かけて申し訳ありません)よろしくお願いいたします。 ※ブログ内カテゴリから記事を読みたい場合はPC版テンプレートに切り替えて、サイドバーの方のカテゴリ一覧からお読み下さい。
[1505]  [1504]  [1503]  [1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1495
株とは関係ないんですけど、とある施設(人の出入りは多い)に子猫が捨てられてたんですよ。

なんかねー、私の所は賃貸だし、大家が当然ペット不可!って言うだろうしなんだけど、下痢してるし寝転んでゼェゼェなってるし、誰かが病院連れてかないと死ぬんじゃね?という状況だったんですよ。

で、迷って迷って、抱っこしても嫌がらないならもう連れて帰ろう!

と思ってあやしてたら(いきなり抱っこは相当ハードル高いとググったら出てたので)

不意に近くに自転車が止まって、自転車に乗ってたおっちゃんがプシュッ!と缶ビール空けながらヒョイ!と子猫を抱きかかえながら「ちょっといいかな?エサやるから」

と言い放った、えええっ!?こんな人通りのある所でエサやったら、あなたが飼い主にならなきゃみたいなもんですやん?

と思いながら「飼ってるんですか?」と我ながらぶしつけな台詞を、ごくやわらかいトーンで尋ねた所

ここはよく子猫が捨てられてて、エサをやってる内に、誰かしら飼いたいという人が出てきて(猫が)いなくなるんよ、とのこと。

こういう発想って、なかったな。

むしろ世間の潮流とは逆行してますよね、餌付けてその場や周辺に迷惑かけるからって、、、

でもそういうモラルに逆らってケアしていく中で、新しい飼い主が現れてという流れ

こういう流れに自分は与する事が出来るか?という事

もう一歩離れて考えると、モラル抜きに自分はどうしたいか?

そのためにどうすべきか?

それを自分で決めて、自分で手法を取る事

もちろん社会的なルールを逸脱してしまうなら、本来はその責任を全面的に背負うべきなんですが。

社会的なルールが、ものすごいささやかな命助けの邪魔をしている状況を是とすべきなのか?

なんか色々考えさせられています。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2018 お金のベクトル 全力投資への道 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie