忍者ブログ
単元未満株の運用と、家計節約レポを中心に、あれこれ雑記を書き散らかしていきます・リンクフリーです。(投資は自己責任で)
[1]  [2]  [3]  [4
面倒くさがりな人たち(PRENOM's Stock Investmentより)

自分にはとーっても難解な、ガチな株式投資ブログです。

時々ご拝読させて頂くのですが中々僕のヤワな脳味噌には辛いものがあります、だからこそ読む価値があるのだろうと思います。

プレノン氏のブログの中で、分かりやすくて今の自分に直結してると思う記事のリンクを引用させて頂きました。

一応、今の自分の投資というのは普段の生活資金とは別の蓄えの中からやっているのですが、この蓄えとて今後の投資のボリュームによっては、数年後には資金が尽きるやも知れません。

この不安に対処するには「投資以外の収入を増やす」「支出を抑える」「身の丈を超えた投資はしない」辺りが妥当な対策と思われます。

対策として魅力を感じるのは「投資以外の収入を増やす」ですが、自分の実生活と照らし合わせると中々難しいものがあります。

「支出を抑える」これは創意工夫で、出来ちゃうんですよね。限りはあるんですが、一番実践的。

とはいえ支出をとにかく切り詰め切り詰め、、、もQOLの観点からよろしくないと思います。だからこそ浪費を投資にという転換が必要なのだと、冒頭に載っけたプレノン氏の記事を読んで改めて啓蒙された次第です。

「身の丈を超えた投資はしない」これは究極を言うと、「投資をしない」の6文字に収まっちゃうんですよね。だから、これについては対策的な事は何も言えないです。

僕は投資をどこかで好んでいるから、投資をしているんです。(投資を投機と呼び変えてもいいでしょう)

強引に対策をでっちあげるなら、キャッシュが(実年齢)万円を割り込んだら、追加投資は止めとこうか、という位です。自分が所帯持ってたり、レバレッジを掛けた取引をしてたり、何らかの高額なローンを抱えてしまったりしたら、代替案を考えるべきですが。






株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
PR
   2015年11月総支出(投資分除く)※クリックで拡大出来ます。

日常生活上のCFをより正確に反映することに勤めています。(記録アプリはZaimを使用)

(家計管理アプリのZaim上では投資分の支出を反映させないように変更しました、サムネイルの画像もそれに合わせて修正して差し替えています。)

11月は記録しはじめの数日、4日位までかな?の飲食費、消耗品などが未計上です。まあこれはアプリ導入が間に合わなかったので仕方なしです。通帳の引き落としなどで確認出来る範囲は遡って記録しなおしました。

毎月の予算111,429-使ったお金118,836=△7,407円の予算オーバーとなっています、、、

さて、この事実をどう考えるかですがまず通信費・アパートに引いてる光回線とスマホの料金、これが10月末に引き落とされる分が11月頭に引き落としが延長されてます。

んで11月末は11月末で通信費が引き落とされてるので、その辺修正して考えると

△7,407(予算オーバー金額)+13,654(通常なら10月引き落とし分として考える金額)=6,247円となり、若干ですが一応予算内におさめているといえなくはないです。

なので修正して考えたCF上は+なので、そこはそう目くじら立てる部分ではないと思います。

(続きあり、右下の「more」ボタンをクリックで続きが表示されます)



株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
つづきはこちら
 
※今回の記事は家計簿アプリのZaim推し的な記事ですが、他アプリにあっさり乗り換えるかもしれません。

今まで家計簿的なものはつけていなかったのですが、先日書いた記事で家計を財務諸表を作るように管理する上で、個別取引もつけていかないと、もうやりようがないなということで嫌々導入しました。

今の所、予算が月ごと・週ごと・日毎にほぼ自動集計的に出るのが便利なのかな?という気はします。

ただ「自動で」あれこれ集計してくれるのはいいけど、こっちの思う感覚通りに計算出来てるかどうかはわからないフシが強いので、そこら辺はこのブログなどで備忘録しておいてアプリの働き具合をチェックしておこうと思います。

Zaimによる家計予算の出入りも出してみようかなと考えています(今月は月の途中でのアプリ導入のため、支出の記録漏れあり・相殺するためということと普段からのヘッジ的な意味合いで、名目予算少な目で計上)


株式長期投資 ブログランキング参加中 あなたのクリックが励みになります!ぜひともポチお願いします。
PREV ←  HOME
広告
Copyright (C) 2017 ベルカーブの向こう側へ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]