3%シグナル投資法による長期的な資産形成と、独自に編み上げたスイング的な投資の記録をメインにしたブログです。まずは経済的独立のために資産2千500万円を目指しています!
[1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570]  [1569]  [1568
◇現時点のポートフォリオ評価額◇

【通常投資枠】 336,428
【3%シグナル投資法枠】 377,605(参考為替レート1$=111.91 円)
【保有現金及び現金同等物概算額】 995,940

合計: 1,709,973円相当(概算現金比率:58%)

!自戒文!
・現金比率は33%以上を保つ(通常投資実行時も)
・3%シグナル投資法による買い付け実行時は10%まではヨシとする
・但しどちらの場合も生活防衛資金+αとタンス預金には原則手をつけない

今日の日経平均は絶好調なのに、マイ日本株ポートフォリオは下落emoji
ドル建て資産も相変わらずの含み損状況なんですが、投資元本が円安により円建て評価額がemoji

机上の計算としては900円程総資産が増えてます。

ドル建て資産の含み損が、ドルベースであまり変わらなくても円換算で見ると肥大して、でもそれをドル建て資産の円換算評価アップが相殺して、総資産評価額がアップするというのは肌で感じて初めてワカりました。

含み損金額>元本の評価額となると、逆になる、、、のかな。

閑話休題、前々記事で書き換えた自戒文をまた一部変更しました。

3%シグナル投資法にのっとった買い付けの時は、大胆にキャッシュを使えるように原則を緩めました。

裏目に出ない事を祈るばかりです。

まあ、毎月のタンス預金捻出と生活防衛資金+αとタンス預金には原則手を付けない、を守っていけばテールリスク案件の発生がない限り大きなダメージは経済的にはないと思いますが。

タンス預金捻出について、ワードが出たついでに書いておこうと思ったんですが

今までタンス預金は月頭の現金及び現金同等物合計の1割を抜いていたんですが

家賃が引かれる前の金額から1割だったり、家賃を引いた後から1割だったりバラバラの抜き方をしていました。

特に疑問に思ってなかったんですよね、バカだな~(苦笑)

今後は当月家賃天引き前の金額総計の1割を、タンス預金追加分として抜いていきます。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2018 お金のベクトル 全力投資への道 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie