3%シグナル投資法による長期的な資産形成と、独自に編み上げたスイング的な投資の記録をメインにしたブログです。まずは経済的独立のために資産2千500万円を目指しています!
[8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18
前記事で、グダグダと自分のキャッシュポジションの取り方の見直し省略化について書きましたが

色々な投資本を読んで、最もシンプルな方針にも思い至っています。

それは「総資産の4分の1以上は常に現金で保有しておく」です

資金効率という観点から見ると、長期に渡れば渡る程もったいないのですが、それはあくまで「常に正しい投資ができていれば」という仮定に基づいているに過ぎません。

資金効率云々<マーケットが反落した時により的確な投資対象を見定めて投資する<マーケットが大暴落しても生き残れる

そういう構図を成り立たせる事が出来ます、私はこれが出来なくて投資(というか投機ですが)を初めてすぐこけて、マーケットに復帰するのに≒10年かかっています。

そしてこわごわかつ、欲張って投資して1年程で精神的に凹んでSNSの先輩の忠告を受けて投資を仕切り直す事にして、3年程本当にちまちまと投資していって

そして「適度に現金を保有しつつ、割と大胆に投資する、大暴落があっても凌ぎ切る」そういうスタンスになってきています。

まだ投資再開後に、大暴落が起こってないので実際それが出来ているかどうかはまた別問題ですが、とはいえ心構えとしてはそうです。

反論的な事の反論も書いておきます

「総資産の4分の1以上は常に現金で保有しておく」という事は逆に「投資対象によっては資産の4分の3が0になってもいいのか?」という事が言えると思います。

いいわけないですよね(笑)

ただ可能性としては拭えないので、そこは

・単純に4分の1以上の現金を多目に確保する(総資産の3分の2は確保する等)
・より元本毀損の低い債権に投資する
・インデックスファンド、バランス型ファンドに投資する

など色々勉強&実践して、自分の中で心地よいリスクと期待リターンのバランスが取れるような投資を目指していけばいいと思います。

頑張りましょう!

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

毎月第三週末に、均等分散投資の観点からキャッシュ比率の調整について検討する記事を書いていました。

ですが色々思う所があり、この更新パターンを終了しようかと思います。

以下その理由をグダグダと書き連ねたいと思います。

大まかな理由としては3点です

結局キャッシュポジションの調整はせずにヨシ!という結論ばかりになる
第3週末は「3%シグナル投資法」の検討、実行にリソースを振り替えよう!
タンス預金がある!

・結局キャッシュポジションの調整はせずにヨシ!という結論ばかりになる

これは複数の理由があって、まず1つに月頭に資産状況を見て現金の積み上がりが悪ければ当月投資を見送ってキャッシュポジションの回復にキチンと努めているからです。

2つ目に、投資予定金額を計算する際に生活防衛資金を確保する関係で、キャッシュポジションが残りやすい傾向がある事。

3つ目に、これは長期的に見ていく中ではゆっくり解消されていく見込みの高い理由ですが、当月余裕資金があり、かつ資産状況的にも投資しよう!となった場合の投資率が低い事です。(現在は投資可能な資産状況の場合、生活防衛資金を差し引いた余裕資金の≒20%を投資)

徐々に投資するとなった際の投資比率は引き上げる予定ではありますが、それでも自分の感覚以上に「安全域」は保たれているというのが実情です。ゆえにキャッシュポジションの比率をアクティブに調整する必要がない=キャッシュ比率を見直す必要が1ヶ月の中に2回ある必要はない=第3週末にキャッシュ比率を観察する必要がない、というような事です。

・第3週末は「3%シグナル投資法」の検討、実行にリソースを振り替えよう!

込み入った思考や、推敲、データ入力の必要がある記事更新は週末の休みの余裕のある時じゃないと出来ません。

ここに、3%シグナル投資法の実行記録を書いていくようにしようかなと思っています。

そうすると、よりETFより投信の方が有利というか発注がしやすいですが、やっぱりETFで!と気変わりしたら指値注文出しておいてウィークデーに約定するまで追いかけるという事でもいいかなと思います。

・タンス預金がある!

毎月月頭に、口座や現金同等物(ポイント、プリベイドマネーなど)の総額の1割を引き出してタンス預金としています。

このお金はお財布の中が寂しくなったら、ここから幾らか充当するのですが普段の支払いは大概口座引き落とし(デビッドカード含む)で済むので溜まっていく傾向があります。

なので名目キャッシュポジション<実質キャッシュポジションという傾向が常に成り立っています。

ので、よりキャッシュ比率(や残高)に拘るのは、月頭の1回でいいのでは?となるわけです。

やはりグダグダとした記事更新になってしまいました、ただいずれも自分にとってはパターンを修正するための理由の洗い出しという作業なので、欠かすことの出来ない更新として記事にしました。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

本日2度目の更新です

謎掛けみたいな記事タイトルになりましたが、前記事で作成した表を見てしみじみと味わわないといけないんじゃないか?と思う所があります。

それは楽天VT+個別株9銘柄の平均損益率がほぼ0%だという事から、3つの仮定が成り立つという事です。

まず一つ、均等分散投資にもっと徹していたら現在のポートフォリオの損益はグッと改善されている(だろう)という事

表では平均損益率(※微額を投資している、超長期債の投信は除いています)がほぼ0ですが、実際のポートフォリオでは≒△6%です

買うタイミングもまた大きな要素ではありますが、仮にこの表と同じ程度の買い付け単価でより等しく、平均買い付け金額をならした状態で投資出来れば

・大外ししているコロプラの買い付けが減っているだろうし、躍進しているUUUMの買い付けが増えているだろう、という事は含み損益は+が大いに伸びているだろう

・配当が付く銘柄が多いので、配当分を考えると尚+

・楽天VTという「結果的に安心して保有出来ている」投資信託の持ち分が増えている→個別倒産リスクのヘッジ性が強まる

という3つのメリットが出ていた可能性を拭いきれません、まあ未来は一切考慮せずに現時点からごく近視眼的に過去を振り返っての考察に過ぎませんが

それでもウェーイ!俺含み益50%台の銘柄持ってるぜ、週明け利確w

というような事しか考えてないよりはマシでしょう。

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ



↑↑↑ブログランキング参加中、 あなたのクリックが励みになります!ぜひとも応援お願いします。

PREV ←  HOME  → NEXT
アクセスカウンター
投資の名言・格言
色んな考え方や、やり方があるんだなー程度に見ておけばいいと思います。
カテゴリー
Copyright (C) 2018 お金のベクトル 全力投資への道 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie